Kはとにかく優しいヤツで

御多分に漏れず、軽薄な関西弁をしゃべるこの男の第一印象はこの上なく悪かった。

けれども、スタートしたばかりの僕の大学生活の最初期の友人たちの中のひとりだ。良くも悪くもずいぶん長くつきあうことになる。

Kは入学式には、もうしゃべりかけてきた。彼は結局いつまでも頑固に守り続けることになる関西弁だったし、僕はすぐに捨てることにことになるコテコテの鹿児島弁だった。

当時、関西弁はまだ公用語としては認められてはいなかった。お笑いブームのおこるずっと前のことだ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中