だから僕は

そろそろ彼の物語を書かねばならない。彼女の話をしなければならない。

記憶を美化し過ぎてしまわないうちに。忘却の谷に不都合な事情を破棄してしまわないうちに。

僕自身がそれをしてしまわないうちに・・だ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中