京都に地下鉄の走った日だった

僕は大阪方面の階段を下りた。あのころ左隅に待合のベンチがあって、彼女はその一番奥に座っていた。サングラスをかけていた。彼女は目に致命的な欠陥を持っていたのだ。京都駅で僕らは20年ぶりに会ったのだった。それから三ヶ月の後にあんなことが起きるとは考えてもいなかった。僕も彼女もだ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中