この梅雨の始まりの頃

僕にとりついていた彼女が何処かへ行ってしまった。彼女とは、生前も親しくはさせてもらっていたけれど。むしろ彼女が亡くなってからの方が親密さは増していたように思う。その彼女が何も告げず、突然いなくなってしまったのだ。

家出のネコではないのだから、ある日突然、帰ってくるなんてことはないだろう。そう思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中