島君の息子がテラスハウスを卒業する。

一平君は舞台で浅草キッドを歌っていた。卒業後の彼の歩む道が素敵ものであればいい。花の咲いた美しい道でなくてもいいのだ。苦しくて辛いものであってもいいのだ。有意義な有効なドラマチックなおもしろい道であればいい。

彼が出なくなれば、僕があのテレビ番組を観ることもなくなるだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中