桜井幸子や真田広之では、なかったのかも知れない。

久々にドラマ高校教師を観た。1話と2話だけだ。久々とはいえ前回通して観たのはきっと10年以上前だ。さらにその10年ほど前、僕がこのドラマにはまったのは森田童子の歌声のせいだったのかも知れない。たぶん、そうだ。

僕にこのドラマのLDをくれた少年マガジンの林氏とは2年ほど直接口をきいていない。彼は童話作家になった。

森田童子のコンサートのポスターが大学の電柱にたくさん貼ってあった。状況劇場が花園神社や西新宿でテントをはっていた頃だ。寺山修司はまだ生きていたし、蜷川幸雄がやっとちょっと売れ始めた頃だ。高橋和巳が一度だけ彼女の歌詞にでてくる。とんでもない歌だ。彼女の歌の使い方もいろいろだ。

団塊の世代の人たちは僕らにいろんなものを残した。高校教師を回しながら思い浮かべたのはあの頃のことだ。

 

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中