台風が思いもよらない旧友を運んできた。

彼とは30年以上も会っていない。正確に言うと35年と2ヵ月前に最後に会ったのだった。以後、声を聞いたわけでもなく、年賀状すら書いていなかった。けれど紛れもない友人だった。友人だ。

かなりの多くの知人を経由して、長い経路をたどって、僕の電話番号にたどり着いたのだ。

彼は、と言っても昔の話ではあるけれど、とってもいい男で、顔がいいという意味だけではなく。性格がいい。大金持ちのいやらしさなど微塵もない良家のボンボンだった。こぎれいな服装で、軽妙なステップ。女の子によくもてる嫌味ない男だった。ただ、彼が好きになる女の子は彼を好きにはならなかった。好みの問題だと思う。彼は少しケバい、どちらかというとブスな子が好きだった。告白する子たちはみなそうだった。好みの問題なのだとは思う。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中